海外ママの考え

赴任による海外の英語教育

赴任による海外の英語教育

お仕事の都合で もし海外に行く予定があるご家庭は

まだ 現地に行けば 英語なんて簡単に習得できるから

日本の生活の方を優先したいという 考えもあるかもしれません。

英語は すぐに 子どもは 覚えますし 話せます。

しかし 実際 1年くらいで帰ったお子さんで 日本人コミュニテーにも

全く顔を出さない もちろん 英語は 話せないお母さんのお子さんは

やっと 帰る前に  ジャパニーズイングリッシュで エクスキューズミーと

いうくらいでした。

何を言いたいかというと 行く前に 簡単な英語がわかるようにして

いったほうがお得だということです。机上の英語でなく。

 

まっさらでもOKよ!という方もいるかもしれませんが、それは

しばらく 滞在する また その後 赴任する方だと思います。

ここを 間違えてしまうと もったいない時間を過ごすことになります。

 

子どもも 大人も 初めての海外英語教育

帰国子女の親御さんを除き 初めての海外英語教育。

2年 3年くらいなら 習得せずに帰ってしまうお子さんも

たくさんいます。

というより 習得したと思って帰るお子さんが いっぱいいます。

 

帰国子女の英語力は それぞれです。

 

つまり きっかけを つかんで お帰りになるか 英語力を高めて帰るか

ということです。

 

子ども社会では「new student」として 遊んでもらえたりしますが

そのうち NEW でなくなってくる、、、話しても通じなければ 遊ばなくなる。

 

2年 3年なんて あっという間です。もし 少し大きくなっていたら

会話に入っていけない、 友達を作れない、先生の言っていることが分からない。

日本人コミュニティーがあったら そこで 遊びたくなる しかも そこでしか

遊びたくなくなる。

現地にいても 現地では 透明人間。

幼稚園児くらいなら 構わないと思いますが、少し 話せて

聞ければ 世界は広がる。

習い事 現地の友達 先生との関係 現地の友達のママの評価(プレイデイト)

に 大きく関わります。

赴任による海外の英語教育で 避けられない日本人コミュニティー

よく 日本人コミュニティーが ストレスの原因になる とか

階級社会 など 書いてありますが・・・

私は なくてはならないものだと思います

単純に 分からないことを 教えていただけますし 実際 同じような仕事をしている方も

たくさんいます。が、みんな 外国暮らし 一言に海外と言っても

その場所は 初めて 以前住んでいたけど 子供がいないときなど

分からないことが多いんですよ。習い事や 学校のこと

なんでも教えてもらえる 相談できるコミュニティーです。

 

そもそも 現地に長く 10年くらいお住まいになっている方が主催していることが多く

感覚が 現地人気質な方が多いので フランク。

それを 取り違えると 上から言っているとか もっと 何々とか

それを断ると 仲間に入れてもらえないとか そういう考えに発展すると思います。

日本の感覚を そのまま 現地に持って行かないようにするべし

赴任による海外の生活は 非日常

日常に 日本人同士が集まって パーティーをよくする。

そういう方もいらっしゃるかもしれませんが 多分

日本にいるときの比でないくらい家族一緒で参加のパーティーが

たくさんあります。

その時に 手料理など持ち寄ることも多く「大変」だなと

思うこともありますが どんどん出て行って 情報交換しましょう。

小学校では 現在はコロナでないかもしれませんが 持ち寄り料理を

保護者会の時に持っていくことが多く 悩みの種ではありましたが

子どものためにも 是非参加しましょう。

簡単な手毬ずし コロッケ そぼろおにぎりなど 簡単な日本料理でOK!

寿司飯は 甘く 受けもいいです^^

現地に行く準備と同時に もちろん 日本に帰ってからのことを想定して

準備していくことも忘れないでくださいね。

日本にいれば ほんのちょっとのことが 現地にいると大変で 送っってもらうにも

直接送ってもらえなかったり ご家族に お願いすることになったり 送料がすごくなったり

問題が出てきますので・・・

 

準備は 早めに 行いましょう。

帰国子女
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動検索に移動
帰国子女(きこくしじょ)とは「帰国した息子・娘」の総称。保護者の国外転居に伴って国外転居した後に自国に転居(帰国)した子女。

目次
1 「子女」の意味
2 現地での教育
2.1 日本人学校
2.2 日本人補習校
2.3 幼稚園
2.4 学習塾
3 脚注
4 関連項目
5 外部リンク
「子女」の意味[編集]
「徳川家康の子女=徳川家康の息子・娘」であるように「子女=産す子(むすこ)・産す女(むすめ)=息子・娘」であり、性別は問わず使用される言葉である。
現地での教育[編集]
日本人人口が持続されている都市、すなわち大都市には、日本人学校や補習授業校(略称 補習校)が存在する。運営母体は現地の日本人会や日本企業商工会である。しかし、文部科学省の学校教育法施行規則等に則って運営される学校(在外教育施設)であり、教育内容には文部科学省が直接関わっている。
日本人学校[編集]
日本人学校は、帰国後の教育や受験に対応することが目的の学校である。日本国内において最多採択されているものと同じ教科書・教材が使われ、3年の任期で各都道府県から志願派遣されてくる通常の教師(外務省の一時嘱託扱い)により、日本国内と同等の教育がなされる。義務教育を対象としているために、小学部と中学部のみであり、高等部はない。日本の私立学校が独自に運営している日本国外の高校は、日本人学校ではなく私立在外教育施設である。
日本人補習校[編集]
日本人補習校は、日本語能力の保持と帰国後の教育への対応を目的とした学校である。通常は日本人学校が設置されていない都市に設置され、ほとんどは週一日土曜のみに開校される。例えば、平日は現地校に通い、土曜日に補習校に通うのが一般的である。なお、一部の大きな補習校には(日本人学校にはない)高等部がある。
幼稚園[編集]
日本人が特に多い都市の日本人学校や補習校には、幼稚園部がある。
学習塾[編集]
日本人が特に多い大都市には、現地に経営母体を置く日本人向けの学習塾や、大手の駿台や東進、公文式などの学習塾があり、帰国後の教育対策と受験対策も行なっている

出典 Wikipedia

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

海外ママ NAO

海外ママ NAOです。海外ママ専門家 子供3人の英語教育に奮闘している海外ママ。 主人のアメリカ駐在をきっかけに子供に海外への道を 選択させる変化球を与えることに気がつく。 日本での英語教育をいかに効率的にするかの試行錯誤をして10年以上経過。 お子様の英語教育とお母さんのあり方についてのプランニングと プロデュースをしています。

-海外ママの考え

© 2022 海外ママ Powered by AFFINGER5