英語学習

幼少期の洋書の移行

幼少期どう 過ごしているか?

長女は K5からの 毎日20分読むという、唯一の宿題を継続し

そのうち G1で 30分になり、帰国してからは 毎日10音読継続。

好きな本でも、1日20分って

結構長い。短い本だと あっという間に 終わってしまう。

電子図書や ペーパーブックで 補っています。

海外にいる友達や インターに行っているお友達に聞く

書評を読むなどして できるだけ 興味を持つ本を読むようにしてきました。

アメリカでは 誕生日に

毎月頼んでいる ブッククラブの割引券を持って帰ってきました。

{A4C26776-A1C8-4921-B133-ABECBAD55422:01}

毎月 このような パンフレットが 学校から渡され

子供が 頼んで欲しい本に丸をつけ

その中から 数冊買うの繰り返しです。

{9662E97D-16AE-411B-90E1-2AC4EB83D906:01}

 

{D453EE5F-048F-4EC7-BB25-9F2F20F4E400:01}
{6F827D77-6056-46FE-A7C7-A23FCF88F8DA:01}

 

{D1E07F6E-7DC8-49FC-B65C-296A2ABF3085:01} 

 

小2の誕生日には、写真のオズの魔法使いの本を

友達の一人にこれをいただきました。

この厚さ、この字の小ささ。。。

このお友達は、きっと 読んでいるんだろ~な と推察できます。

そういえば 1年生の時にも 本のプレゼントをしてくれるお友達がいました。

日本でも 絵本から 児童書に移行する時期が重要ですが

洋書では いつ?と思っていた時だったので 親としては、大きなハードルを

上手く 飛び越えることができました。

{314EC65A-49EC-4BEC-8DA1-807961917AFE:01}

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

海外ママ NAO

海外ママ NAOです。海外ママ専門家 子供3人の英語教育に奮闘している海外ママ。 主人のアメリカ駐在をきっかけに子供に海外への道を 選択させる変化球を与えることに気がつく。 日本での英語教育をいかに効率的にするかの試行錯誤をして10年以上経過。 お子様の英語教育とお母さんのあり方についてのプランニングと プロデュースをしています。

-英語学習

© 2022 海外ママ Powered by AFFINGER5