英語学習

初めての英語の本

初めての英語の本

生まれてから 1歳くらいまでは 車の移動などを使って

ナーサリーライム 英語の歌を聞かせました。それと 並行して

公文の童謡のCDも借りてきて 聞かせていました。

アメリカで プリスクールに行き始め 先生から 毎月

おすすめの本に丸が付けられていて それを頼むと プリスクールから

いただけるというシステムを利用し 英語の本を読み始めました。

 

幼児の英語の本は 無意識に残る

ナーサリーライムもしかり 小さな子の絵本は 韻を踏んでいて

例えば 日本人なら なんとなく 分からなくても

五 七 五が 心地良いように 英語の感覚を身につけるのに

大きな役割を果たすなと感じました。

実際 韻を踏む 作文は 小学校の宿題でよくみました。

 

1歳7ヶ月で 勧められたSCHOLASTICの絵本。

ピンクの○でかこんだように 次女におすすめの本には

黄色のシールが貼ってありました。

photo:01

 

HONEYBEE の種類です。

 

photo:02


いくつかシールが貼ってあったのですが

きっと 長女同様に 毎月渡していただけそうなので

 

Curious George Parade Day/H. A. Rey
Hugaboo, I Love You/Hans Wilhelm
他にも Karen Katzさんの絵本や 面白そうな絵本がいっぱいでした。

 

この頃 夜泣きに参っていました。

それに比べ 長女 長男は 夜泣きの記憶が 全くありません。

 

でも プリスクールに行き始め、夜起きる回数が減りました。

 

同じきょうだいでも 違いますね。

 

この頃 よくわからない言葉をかなり 話すようになりました。

「飲む」「お帰り」「・・・・まった(いただきました)」

長女のことも名前で 呼べるようになり

「いらないの」「いた~い」etcの 語彙も増えています。

 

ぜひ この頃 英語の感覚を身につけさせるためにも

ナーサリーライムや 洋書の読み聞かせ(あっという間に終わる)を

行ってみてくださいね!

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

海外ママ NAO

海外ママ NAOです。海外ママ専門家 子供3人の英語教育に奮闘している海外ママ。 主人のアメリカ駐在をきっかけに子供に海外への道を 選択させる変化球を与えることに気がつく。 日本での英語教育をいかに効率的にするかの試行錯誤をして10年以上経過。 お子様の英語教育とお母さんのあり方についてのプランニングと プロデュースをしています。

-英語学習

© 2022 海外ママ Powered by AFFINGER5